東京セブンズラグビースクール再開ガイドライン

東京セブンズラグビースクール
生徒・保護者各位

2020年7月4日(土)
東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造

 日頃より本校へのご理解とお力添えをいただき心より感謝申し上げます。本校では、2020年7月14日(火)からの再開に向け、下記の通り「東京セブンズラグビースクール再開ガイドライン」を作成しました。感染予防策や対応については、政府・東京都の通達を優先とし、ワールドラグビーや日本ラグビーフットボール協会、スポーツ庁、日本スポーツ協会が示すガイドラインを遵守し活動してまいります。

また、本ガイドラインについては逐次見直して参ります。改訂や修正が生じた場合は、必ずスクールホームページとスクール通信にてご案内をいたしますのでご留意ください。引き続きご協力の程よろしくお願い申し上げます。

1 基本方針
◎安全を第一に
活動再開が、生徒及びその家族、関係者、地域社会における感染拡大につながらないように細心の注意を払います。一人ひとりが新型コロナウイルス感染症について十分な理解を深め、自分も人も大切にする行動をとる。

◎ラグビーの価値を大切に
みんなのための7つのルールを大切にしながら、今できることにチャレンジします。
楽しく一生懸命「ラグビーとは?」を探究し、強くて優しい人になろう。

以上の2つが本校の基本方針です。「安全」が最重要事項であることを、生徒・保護者・コーチ・関係者全員が認識して、スクール活動に取り組んでいきましょう。

2 活動について
『感染症の予防』と同時に『熱中初の予防』も徹底して、安全第一で実施します。具体的な注意事項については下記の通りです。

・生徒や保護者、コーチ、関係者は基本方針の即した行動をとる。
・基本的にスクール活動は屋外の十分なソーシャルディスタンスを保てる環境で行う。
・生徒とコーチは健康管理のために日々の検温、行動記録をとる。
・手洗いとアルコール消毒を徹底する。本校で手洗い石鹸とアルコール消毒を用意する。
 ①練習開始時 ②練習中 ③練習終了時に実施。
・水分補給は各自用意する。(飲みまわしはもちろん、水道から直接飲用等もしない)
・身体接触を最小限にとどめる。
・握手、ハイタッチ、抱き合う等の行為は行わない。
・着替えは原則家で行う。(多量の汗をかくことが予想されるので、やむを得ない場合は十分な距離を保ち定められた場所で着替えを行う)
・帰宅後はすぐに入浴・シャワーを行う。
・移動時等の自動車の相乗りは原則禁止とする。
・集会等の開催、生徒やスタッフ同士が集まっての食事や会食は行わない。
・各利用施設のルールに則り使用する。

3 感染者が発生した場合の対応

・生徒及びその家族に陽性反応が出た場合は速やかに事務局にご連絡ください。
・陽性反応が出た方と濃厚接触の可能性がある場合は速やかに事務局にご連絡ください。
・学校等への連絡は保健福祉事務所や医療機関の指示のもと保護者の方が行ってください。
・感染の連絡があった際は、本校から所轄の保健福祉事務所等に連絡し、団体としての対応について指示を受けます。
・感染の連絡があった際は、スクール関係者全員及び利用施設に連絡します。行政機関等の指示があった場合は必ずご協力をお願いします。
・練習に参加した生徒とコーチに陽性反応が出た場合は2週間活動休止とします。

4 授業参加者へのお願い
以下のチェック項目を必ず確認してください。

【参加について】
以下に該当する方は練習への参加だけでなく、施設の利用もお断りいたします。
□本人・同居家族において、平熱を上回る発熱や風邪の症状がある
□強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある
□咳、痰、胸部不快感のある方
□その他、新型コロナウイルス感染可能性の症状のある方

【日常生活でのお願い】
各自、感染予防策を徹底してください。
□練習参加当日の検温を含め、練習参加前の1週間も健康観察を行う
□移動記録を残す
□手洗いの徹底
□規則正しい生活習慣による体調管理
□外出時のマスクを着用(通学時の公共交通機関利用時)

【練習当日について】
□移動時はマスクを着用する
□公共交通機関での来場の際は移動予定表を提出してください(申込フォームより)
□保護者が練習を見学される際は事前申請をしてください(申込フォームより)
□各自、荷物を置く敷物や袋を持参ください
□練習会場に早く来ないこと[練習の5分前当日目安]
早く到着した場合は、空いている空間を見つけ周りの人との距離(2m~1m)を確保して待機する。グラウンド外や待機などで混雑を発生させないためです。
□練習前後の自由時間も友達や周りの人との適正な距離(2m~1m)を確保する
□練習時のマスクの着用は任意とする
□利用施設の感染予防策のルールをしっかり守る

【練習時のみんなの行動】
□コーチもプレーヤーも見学者も不必要に大きな声を出さないように練習する
□練習前/練習中/練習後の手洗いとアルコール消毒を徹底する
□練習時もプレーヤー同士は適正な距離(2m~1m)を確保するように努める
□握手・ハイタッチ・ハグは控えて、エアーで実施する
□咳エチケット(タオルや袖で抑え素手を使わない)を徹底する

【みんなのための7つのルール】
1.感謝(かんしゃ)「ありがとう」を伝えよう
2.敬意(けいい)自分も人も大切にしよう
3.傾聴(けいちょう)人の話をよく聴こう
4.配慮(はいりょ)思いやりのパスをつなごう
5.寛容(かんよう)ごめん・ドンマイが言える人になろう
6.挑戦(ちょうせん)楽しく一生懸命 チャレンジそのものを楽しもう
7.品位(ひんい)勝っても自慢しない、負けても怒らない 「強くて優しい人」になろう

【ともだち握手】
ともだち握手も楽しくエアーで実施します

ともだち握手も楽しくエアーで実施します

5 関係各所のガイドライン

・スポーツ庁
『スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて』
・日本スポーツ協会
『スポーツ活動再開時の新型コロナウイルス感染症対策と熱中症予防について』
『スポーツイベントの再開に向けた感染拡大予防ガイドライン』
・ワールドラグビー
『COVID 19 – Return To Play Guidelines』
・日本ラグビーフットボール協会
『ラグビートレーニング再開のガイドライン』

ダウンロードはこちら

発行日 2020年7月4日
東京セブンズラグビースクール事務局
info@tokyo7s.com