校長からのお手紙 | letter from the principal

2019.11.20 第236号-3学期!ジェットスタート!

今週から3学期を迎えます。

トップチームのライオンズは、今週から
本格的なセブンズラグビーの戦術戦略の指導を開始します。

開校から4年半。やっとここまでたどり着きました。
お陰様で準トップチームのベアーズの4年生がかなりレベルアップしました。
今週から彼らは全員ライオンズに昇格します。

これで本校のトップチームであるライオンズは14名を超えました。
念願であった7対7のセブンズ形式でスクラム、
ラインアウト、キックオフ、キック、
ラックあり(スクラムコンテストとタックルとモールだけはまだ無し)
の本格的な試合ができる体制を確立できました。

実はラグビーには、自他の強み弱みを分析して、
時間や状況や地域に応じて、戦略的に戦術を選択し賢く戦う、
将棋のような知性的な戦いの側面があります。

そして、実は私は2003年のラグビーワールドカップの
日本代表チームの戦略戦術担当者です。
どうやったら日本ラグビーに勝機が生まれるのか?
ラグビーの原理原則を研究し、必死に考えました。

このラグビーの知的ゲームの側面の面白さを私は、
子供達に伝えたくて伝えたくてウズウズしておりました。

皆さまのお陰様で、ついに!
待ちに待ったこの時がやって来ました!
もう、わくわくが止まりません!
ジェット噴射して今にも空に飛び出したい!
そんな氣持ちです。

さて、突然ですが、ジェットつながりで話を変えます。
皆さんは、「ジェッツ」という名のチアダンスのチームをご存知でしょうか?
それは、福井商業高校チアリーダー部の愛称です。

このチームを率いる五十嵐裕子先生と生徒達の大冒険は、
創部3年で全米選手権に優勝しちゃったウソのような本当の話で、
チアダン!という作品で映画化されました。

映画は五十嵐先生役を天海祐希さん、
ヒロインは千葉すずちゃんが演じて大ヒットしました。
ドラマにも漫画にもなっているのでご存知の方も多いと思います。

ジェッツは、創部11年で日本のみならず
全米選手権で9回も優勝している凄まじいチームです。

ジェッツという愛称には、
青春は短い!
高校3年間、ジェットエンジンに点火して全力疾走で駆け抜けろ!
というメッセージが込められているそうです。

実は私、先日ご縁がありまして
全力で青春を駆け抜けているジェッツの女子高生達80名に「殻を破る」というテーマで
タグラグビーを通じてリーダーシップとチームワークを教える
という素晴らしい仕事をさせて頂きました。

教える事は学ぶ事です。
私もジェッツの高校生達やコーチの皆さんや五十嵐先生から、
たくさんたくさん学ぶ事がありました。

どんな学びがあったかは…ありすぎて今はまだ書けません。

今後本校の運営に必ず活かして実践しながらレポートして参ります。

というわけで、今週の実践は、
まず私自身が心のジェットエンジンに点火することです。

私も彼女達と同じように全力疾走しているつもりでしたが
まだまだ殻をかぶって破っていなかかったのかもしれません。

人生は無常です。
いつ終わりが来るかわかりません。

私もあと何年このラグビースクールで
子供達と学生達と楕円球を追いかける青春を続けられるかわかりません。

人生は長いようで短い青春です。
そして、毎週集まってくれる子供達はどんどん成長していきます。

だからこそ、ジェッツのように丁寧に一日一日心を込めて
心のジェットエンジンに点火して
全力で駆け抜けたいと思っています。

今学期もよろしくお願いします!

東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造