校長からのお手紙 | letter from the principal

2018.11.07 第234号-ラグビー ハンドアンドメンタル フットボール-

先週末は、ラグビー三昧の週末でした。
ラグビーは、足も手も心も頭も使うトータルなスポーツだなと改めて思いました。

土曜日は、ラグビー日本代表と世界ランキング1位のニュージランド代表(通称オールブラックス)の
テストマッチを観戦しました。
その感想は、ラグビーはなんと素晴らしいフットボールなんだ!
という感動です。

オールブラックスのキック戦術が、本当に素晴らしかったのです。
地域を回復するベーシックな使い方と遊び心満載に
トライを創造するファンタジックな使い方と両方素晴らしかったからです。
さすがでした。

日本代表も素晴らしかったです。
オールブラックスもびっくりのキックパスでオールブラックスからトライを奪いました。

キックを基本的にも創造的にも使えるフットボーラーを子供のうちから育てなくちゃなと思いました。

また、日曜日の練馬タグラグビー交流会では、子供達が躍動しました。

1年生達は、最初はアウェイで緊張したり遠慮したり気合い入りすぎて喧嘩したりしていましたが…

最後の試合はパスとランがつながるようになって素晴らしいチームになりました。感動しました。

タグラグビーは、キックを使わないのでハンドボールの要素があるから
1年生でもこれだけ素晴らしい試合が出来るのだよなと改めて思いました。

2年生達もがんばりました。
いつもと違うレフリングに戸惑ったり、思いどおりにいかないストレスで、
レフリーに文句を言ってしまうシーンもありました。

試合後、そのレフリーの方が文句を言った生徒に駆け寄って言いました。

いいか!
ラガーマンだったらレフリーに文句を言っちゃダメだ。
俺も選手だった時レフリーに文句を言いたい時たくさんあったからさ、
君の気持ちわかるよ。
だけどな、レフリーに文句を言いたい時を
ぐっと我慢して言わないのがラガーマンなんだよ。
それが男なんだよ!
俺もそう思ってガマンしてレフリーに文句言わないように努力したんだ。
君も同じように努力してほしいんだよ!
ラガーマンはレフリーに文句言わない!
わかったか!

きちんとひざまずいて、本校の生徒に目線を合わせて、真剣にガチンコ指導してくれました。
その誠実さが大変有り難かったです。

ラグビーは、心も育てるスポーツなんだよなあと感動しました。

まとめると
ラグビーは、手も足も心も頭も使うハンドアンドメンタル フットボールなんだなと思いました。

教育者の私としては、ラグビーという、この素晴らしいスポーツの力を借りて、
子供達や学生達の可能性を伸ばしていきたいと思います。

今週もよろしくお願いします。

東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造