校長からのお手紙 | letter from the principal

2019.4.16 第233号-新学期のご挨拶-

いつもありがとうございます。
校長の村田です。

若葉が萌える美しい季節になりました。
新学期の名簿を見ながら生徒ひとりひとりの笑顔を想い浮かべて
大変嬉しい気持ちでこのお手紙を書いています。

5年前の開校時は生徒6名。
今はもうすぐ100名です。
4年生だった生徒は中学3年生。
1年生だった生徒は小学6年生。

成長著しい生徒達に比べて
我が身の未熟を反省する毎日ですが
こうして時を経るごとに
少年少女達が大人な階段を登って
成長していく様子を見るのは
本当に嬉しいものです。

生徒達やコーチ達も、個々に様々な事情があって、
休会したり退会したり復帰したり卒業したり
…といろいろな出会いや別れがあります。

状況が変わったらまたいつでも元気に戻って来て欲しいなと願っています。

高校生になっても、大人になっても。

毎週水曜日に駒場に行けば、ラグビー仲間と楽しく一生懸命、
老若男女で安全にラグビーを楽しめる場を
提供し続けていきたいと思います。

すっかりオジさんになってしまった私ですが、
生徒達と学生達とラグビーを楽しむために
コツコツトレーニングを開始しました。

新学期は新企画が盛りだくさんです。
お楽しみに!
明日もよろしくお願いします。

東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造