校長からのお手紙 | letter from the principal

2018.8.28 第224号-イツモシヅカニワラツテイル-

明日から二学期が始まります。
スポーツの秋の足音も
確実に近づいていますが
まだまだ残暑厳しい季節です。

明日は熱中症と雷雨に注意して実施します。

お陰様で先週の夏合宿は大成功で無事終了しました。
参加してくれた子供達、ボランティアでお手伝い頂きました保護者の皆様ありがとうございます。

強い日差しの中、流れ落ちる汗。
山間を抜ける風と冷たい川の水。
キャンプファイヤーの炎と満天の星。
危険を見きわめて滑る岩をよじ登り
勇気を出して川に飛び込む水の音。

生徒達は、自然の中で自らを感じる、大変いい経験が出来たと思います。

ラグビーは、屋外でプレイするスポーツです。
ラグビー選手は、その時の気温や風や太陽の光や地面のコンディションに影響を受けます。
相手も条件は同じですから、環境変化に対応できる、心身のタフさ、柔軟さ、賢さが勝負を分けるときがあるのです。

本校も毎回毎回お天気と相談してラグビースクールを開催していますが、
この苦労は、毎季毎回毎時刻々変化する環境に対応する生徒達の能力を磨くためにあるのかなと思っています。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾(よく)ハナク
決シテ瞋(いか)ラズ
イツモシヅカニワラツテイル

宮澤賢治先生の理想とするような
強くて優しい人を目指して
二学期も生徒達と学生達と頑張ります!

よろしくお願いします。

東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造