vol.380 校長からのお手紙~原点回帰のリスタート

いつもありがとうございます。
校長のムラタぐです。

お陰様で練習場所の確保とコーチの布陣に目途が立ちました。
来週から下記のクラス編成で授業を行います。

1)16時~17時
・キンダー 年長さん 10名
主担当 ねねコーチ

・ジュニア 小1~小3 10名
主担当 ムラタぐ &龍コーチ

・チア 6名
主担当 サキコーチ

2)17時~18時
シニア 小4 10名
主担当 ムラタぐ &龍コーチ

3)17時~18時15分トップ 小5以上~中学生 8名
主担当 ムラタぐ&龍コーチ
18時~コーチ代表vsトップチーム
TSRSタグセブンズ・テストマッチ(今月はトップのみ)
★すでにお申込みいただいている小5以上の皆さんへ
15分延長となりますので延長不可の場合は事務局までお知らせください。

===

先日の水曜日。
私達は、新たな練習場所として、
代々木深町小公園スポーツ広場という
新天地に辿り着きました。

代々木深町小公園スポーツ広場は
平日は一般開放されている公園です。

したがって私達で広場を占有することはできません。
他の一般の利用者さんと場所を譲り合って
ご迷惑にならないように練習する必要があります。

前回は、お蔭様で一般の利用者の皆さんと共存しながら
楽しく一生懸命にとてもよい練習できました。

狭いスペースでもいろいろなスキルが練習できるように
練習を工夫しました。

そこで採用したのは、ラグビー王国ニュージーランドで生まれた
「NZ式グリッド」という練習方法です。

5mx5mぐらいの小さい四角のグリッドをいくつか準備して
様々な要素を連動させて練習を組み立てます。

前回は、「ネームコーリング」「ハンズアップ」など
ラグビーのパスの基本を練習しました。

来週以降は「ガット」「リップ」「グラウンディング」
「ピック」「ポップ」「ダウンボール」「ロングリリース」
「ジャッカル」「プロテクト」「クロス」「ループ」
「アーリーキャッチ」「フォロースルー」などなど…

次々にラグビーの基本スキルと専門用語を
子供達に伝えてしっかり練習していく予定です。

グラウンドが空いてくる18時には、子供達がコーチ陣に
チャレンジするテストマッチの機会も作りたいと思います。
(今月はトップのみ)

経験豊富で多彩なコーチ陣もしっかり確保ができました。
東大ラグビー部の文武両道の大学生が学生コーチとして指導にあたります。

4年生でベテラン学生コーチの
「たのコーチ」と「かいちゃんコーチ」。
今年から学生コーチにチャレンジする2年生の
「セキちゃんコーチ」と「トミーコーチ」。

そして、
リズムトレーニングとチア部を担当する高橋沙季コーチ!
サキコーチは、『チアダン!』という映画のモデルになった
福井商業高校チアリーディング部のOGで全米選手権で優勝、
高校日本一と映画みたいな経歴のチアリーダーです。

また社会人コーチとして、
サントリーサンデルフィスOBで
本校のコーチングアカデミーを卒業した龍竜太郎コーチ。
龍コーチには、今年から本校のアシスタントコーチとして
正式に就任を依頼しました。

また、来週からは、幼児の運動神経を伸ばす
コーディネーショントレーニングで著書もある
元ラグビー選手で女子日本代表の経歴もある、
ねねコーチこと多田ゆかりコーチに
年長さんを対象にキンダークラスを実施します。

7年前の本校の創立時も今と同じように
少人数で毎回手探りでいろんな練習にチャレンジしていました。

ひとり一人ひとつ一つ心を込めて
原点に回帰してしっかりと指導したいと思います。

教える事は学ぶ事ですから。
私達コーチ陣もまた学び直してよい指導をしていきたいと思います

毎週楽しみに来てくれれ子供達と送り出してくれる
保護者の皆さんの存在が本当に有難いです。

どうもありがとうございます。
引き続きよろしくお願いします。

東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造(ムラタぐ)