お知らせ | information

公式ユニフォームについて

【デザインコンセプト】
デザインイメージは下記です。
※クリックすると画像が見れます。
ラグビージャージtsrsNEW4

ポイント
①Tough&Gentleのスローガン
ー「強くて優しい人になる」の理念を背中に背負います
②上はリバーシブル
ー紅白戦でチームが見分けやすい
ー仲間の名前を覚えやすいように 表はニックネーム 裏はフルネーム
ー好きな背番号を入れられる
③タグを直接付けられる短パン
ーベルトを巻く時間が省ける

②名前の表記例
◆紺色:ニックネーム(表記例:MURATAG)
◆ピンク色:フルネーム(表記例:YUZO MURATA)

ピンク色バージョンは紅白試合の際に片方のチームが裏返しにして着るイメージです。
紺色バージョンは、登校時や普段使いに着る生徒も想定して
個人情報を守るためフルネームではなくニックネーム表示にしました。

【価格】:税込16,500円(税別15,000円)
     公式ユニフォーム3点セット(ラグビージャージ、短パン、ソックス)
【申込】:https://forms.gle/4tDB6EoKEncb6sao9

【校長からのメッセージ】※過去の校長からのお手紙、一部引用
保護者の皆様へ
校長の村田祐造です。
ついに念願であった本校の公式ラグビージャージのデザインが完成しました。
公式ラグビージャージを作成する目的は、

「身だしなみを整え、ラガーとしての心を整えラグビーと向きあうため」です。

伝統的なラグビージャージには、白い襟が付いているのがラグビーの習わしです。
これはあまり他のスポーツのユニフォームにはない特徴かもしれません。
実は、これにはラグビー独特の深い理由があります。

一言でいうと、ラグビーは紳士のスポーツだからです。
激しいぶつかり合いの中でもルールを守り
フェアプレイを重んじるスポーツだからです。

だから正式なラグビージャージには紳士の象徴として白い襟がついているのです。

これを教えてくれたには、私が東大ラグビー部の選手だった頃のコーチの
水上茂コーチでした。

プレイがおとなし過ぎる私達を鼓舞するために恩師はこう言いました。

=====
いいか、お前ら!
ラグビーは、紳士がプレイする野生的なスポーツなんだ!
お前らのプレイは、おとなしすぎなんだよ。

いいか、ラグビー文化では、正式な試合の時は必ず
チームのブレザーを着てチームのネクタイを締めて
綺麗に磨いた革靴を履いて紳士の服装で会場に向うだろ?

そしてロッカールームで襟のついたラグビージャージに着替えて
試合に出るだろ?

紳士の服装で心を整えて試合に臨むのが
ラガーマンのたしなみなんだ!

だがな、君達は紳士になる前に野性が足りないよ。

いいか、ラガーマンはな、試合会場のロッカールームで
一枚一枚服を脱いで行くときに、自分の中の「野性」にスイッチを入れながら
だんだん人間から野獣に近づいていく感覚を持たなきゃダメなんだ!

いいか、君達!
ブレザーを脱いで、ネクタイを外して、服を脱ぎながら
一枚一枚理性の皮を剥いでだんだん人間から動物になるんだ!
そして、最後に裸になった時に、一回、完全な野獣になれ!

人間は、植物じゃねえんだぞ!動物なんだ!
グラウンドでは野獣の魂で暴れ回るんだ。

だけどな、野性を解放しながら
同時にルールを守って公正にプレイするからこそ
ラグビーは素晴らしいんだよ。

強く激しく野性的にタックルしても
相手に怪我をさせてはダメなんだ。
なぜなら、ラグビーは紳士のスポーツだからだよ。

タックルの名手は、必ず強いタックルで敵を仕留めるけど
相手も自分も怪我しないように安全にタックルするんだ。
それが理想で、俺たちラガーマンが目指すところなんだよ。

だから、相手をぶっ殺してその肉を喰らいたいという野獣の魂を
理性で包んで最後の一線を守るために俺たちは襟のついた
ラグビージャージを着るんだ。

わかるかな?俺たちは人間なの!
人間は動物だけど、万物の霊長なの!
だから野性を理性で包む!
これが、俺たちラガーマンがラグビージャージを着る意味!

ラグビーチームは、行儀よく襟のついたジャージを着て
短パンもソックスもチームで揃えて
ジャージの裾はズボンに入れてソックスは上まで上げて
身だしなみを整えて心を整えて試合に臨むだろ?

それはなぜか?
もうどうにも押さえられないほど暴れ回りたい!という野生の衝動を
紳士の精神で律するために襟のついたラグビージャージを着るんだ!

だけど、君たちの魂は、どうなんだ?
ちと大人しすぎやしないか?行儀良すぎやしないか?

もっと野性を解放しろ!その上で紳士を目指せ!
わかったか!

======

今でも鮮明に、この時の恩師の言葉を思い出します。

ラグビージャージは、ラガーマンにとって
野獣と紳士淑女を別つ神聖で特別な存在なのです。

という想いで
本校の公式ラグビージャージを作りました!

生徒達がラグビージャージに身を包み
野性を理性でくるんだ状態で
全員お揃いのジャージを着用して練習と試合に臨むという
素晴らしい授業を毎週実施する。

これは、私の本校創立以来の念願でありました。

入学時の費用を抑えるため紺色のスクールTシャツをプレゼントするという
方針にこれからも変更はありません。

入学してしばらく経ち、
よし、ラグビーをこれからも続けていくぞ!
強くて優しいラガーになるぞ!

という意思を固められた生徒さんには
ぜひ公式スクールジャージを着用して頂きたいと思います。

しかしながら、3点セットで購入すると少しお値段がはります。
なんとかご理解頂きましてぜひ購入して頂けましたら幸甚です。

ラグビージャージを利用して上記のようなラグビー精神を教育し
「強くて優しい人になる」を目指して参ります。

よろしくお願いします。