お知らせ | information

東京セブンズラグビースクール通信vol.257

保護者の皆様へ
いつも大変お世話になっております。
事務局の銭座です。
平成最後のスクール通信をお送りいたします。
🔶明日は休講🔶
明日は以前からご案内している通り、
授業はお休みです。
新入生歓迎行事等のため
東大駒場ラグビー場を借用することが
できなかったためです。
次回の授業は5月8日の予定です。
ご家族で楽しいゴールデンウィークを
お過ごしください。
【ねねコーチからのお手紙】
みなさんに、お知らせがあります。
4月25日に小学館から私の本が発売されます。
この本は、体育が苦手で、
運動があまり好きではない子どもたちに、
体を動かす楽しさや種目を
クリアするうれしさなどを
知って欲しいと思い書きました。
スクールに来ている子どもたちの中にも、
できない種目があるよ❗️
という人は、
ぜひこの本を見て、練習してみてくださいね。
できたぁ~\(^^)/という経験は、
自分の自信につながります。
いろいろなチャレンジをして自信をつけて、
自分をどんどん好きになってくださいね❗️
読んだらグランドで感想を聞かせてください。
★詳細はこちらをご参照ください。
【校長からのお手紙】~学び習う悦び
来月から令和の時代が始まります。
令和の時代の日本銀行券の一万円札には、
日本の誇る名経営者の渋沢栄一先生の肖像が描かれます。渋沢先生の経営を一言でいうと「論語と算盤」という言葉につきます。
会社の経営は、算盤で会計管理をする事と同時に、何のために経営をするのか人の道である道徳に沿って経営するという理念が大事なのであるという意味と私は理解しています。
論語とは、中国の思想家である孔子が書いた人生の指南書です。論語は、日本の道徳観の元になっている偉大な古典の一つです。
今日は「論語」の有名な一節を引用してお手紙と変えさせて頂きます。
漢文原文
子曰。「学而時習之。不亦説乎。
有朋自遠方来。不亦楽乎。
人不知而不慍。不亦君子乎。」
書き下し文
子曰く、「学びて時に之を習ふ。亦説(よろこ)ばしからずや。
朋有り、遠方より来たる。亦楽しからずや。
人知らずして慍(うら)みず、亦君子ならずや。」と。
現代語訳(口語訳)
孔子先生はおっしゃいました。
習ったことを機会があるごとに復習し身につけていくことは、なんと喜ばしいことでしょうか。 友人が遠方からわざわざ私のために訪ねてきてくれることは、なんと嬉しいことでしょうか。 他人が自分を認めてくれないからといって不平不満を言っていけない。それこそが徳のある人なのだから。
私の教師としての信念は
「教えることは学ぶこと」という言葉です。
少年少女のラグビーのコーチとしては、教える者の責任として
常に学び続けなければならないなと思う半面、学びて習うという行為は本当にうれしく悦ばしいものだなと思います。
実は、今月、特別な講演会がありました。
2015年のワールドカップでラグビー日本代表チームを南ア撃破の大金星に加えて3勝1敗の好成績に導いた、日本ラグビー界の大恩人でありよき友人である名将、現在はイングランド代表チームの監督のエディ・ジョーンズ氏が日本ラグビー界のためにわざわざ来日してお話してくれたのです。
本校の保護者様が、その講演会の運営を関わっていたご縁で、本校の関係者をご招待してくださいました。あいにく私は出張していたので出席が叶いませんでしたが、参加した保護者様や学生コーチ達がレポートを提出してくださいました。大変濃いレポートでしたので私も実際に参加したかのように学べました。有難いことです。
皆様に下記に5名の方のレポートを共有したいと思います。
もしよろしければご一読くださいませ。
よろしくお願いします。
東京セブンズラグビースクール
校長 村田祐造