コーチ紹介 | coach

校長 ヘッドコーチ むらた ゆうぞう

著書「チームの心を一つにする技術」日本実業出版

著書「チームの心を一つにする技術」日本実業出版

校長 / ヘッドコーチ

村田 祐造むらた ゆうぞう

スマイルワークス株式会社 代表取締役
プロラグビーコーチ。現役選手時代は、東京大学ラグビー部、三洋電機ラグビー部に所属。元関東代表選手(2004)・元日本代表テクニカルコーチ(2002-2003)。独特のタグラグビー指導には、スクールの子供達から大企業のリーダー育成研修まで定評がある。愛称「ムラタぐ」

■ムラタぐコーチのこれまでの歩み
東京大学ラグビー部時代、明治大学戦で最高のパフォーマンスを発揮する心理状態「フロー」を体験。相手の動きがスローに見えてタックルが次々に決まった。その活躍がたまたま名門三洋電機ラグビー部の目に止まる。
東京大学大学院では造船工学を専攻。ニッポンチャレンジ・アメリカズカップ2000における世界最高のレーシングヨットの開発に携わるも、まさかの準決勝敗退。敗因と感じた「心とチームワーク」がライフワークとなる。
大学院を中退して三洋電機へ。プロラグビー選手になる。業務で開発したラグビー分析ソフトが日本代表チームに採用。自身もコーチとして釜山アジア大会、ラグビーW杯2003に挑戦。選手引退後、起業。
現在、スマイルワークス株式会社では、ひとりひとりの働く笑顔を増やすため、安全で楽しいタグラグビーで「心とチームワーク」を学ぶ体感型研修プログラムを提供している。
日本一を獲得したNECグリーンロケッツ、オグシオペアを擁した三洋電機バドミントン部、早稲田大学ヨット部など、スポーツチーム、中小企業から大企業まで研修とチームビルディングプロジェクトの実績は多岐にわたる。
「文武一道」「挑戦創和」の理念のもと、オリンピック競技である七人制ラグビーを通じ、「強くて優しい人」を育てる志の下、2014年4月23日 東京セブンズラグビースクール創立。


アシスタントコーチ つがわ ともゆき

アシスタントコーチ

津川 智之つがわ ともゆき

子供たちの文武一道のお手本。ラグビーを愛するナイスガイ。

■プロフィール
東京大学ラグビー部所属 ポジションはスタンドオフで司令塔。法学部2年生。小学校から高校まですべて公立学校を卒業し、現役で東大法学部に合格した孝行息子。将来の夢は外交官。日本の国益を守り、世界平和に貢献すること。


スポットコーチ かつた ゆずる

スポットコーチ

勝田 譲かつた ゆずる

スポットコーチとして駆け足を速くするスピードトレーニングを主に担当。

■プロフィール
日本ラグビーフットボール協会 タレント発掘担当コーチ。日本代表チームから子供達のラグビースクールまで一貫指導するべく日本中を駆け回る。早稲田大学ラグビー部時代は、チーム全体のマネジメントを担う主務の重責を務めながら、瞬足ウィングとして関東大学対抗戦に出場。日本一になる。主務として赤黒ジャージを手にした偉業は、早大蹴球部史上初の快挙だった。